2016-10-10 (Mon)

「逆子」の直し方 噂の真相は?

未分類

blog_52.gif20121011172142.gif
巷にあふれている、妊娠・出産にまつわるさまざまな噂。その中のひとつに、「逆子を直すには、逆子体操をするといい」という話があります。これによって、逆子は本当に直るものなのでしょうか?産婦人科医・疋田裕美医師に伺いました。 「逆子が直らなくても、赤ちゃんの成長には特に支障はありません。ただ、自然分娩で産むにはリスクが伴います。おしりから先に出て、一番大きい頭が最後に出てくるので、骨折や神経の損傷が起こったり、胎児に酸素や栄養を運んでいるへその緒が先に外に出てしまうことによって、赤ちゃんの体で圧迫されるなどして赤ちゃんに酸素が届かなくなるケースがあります。そのため、今は、逆子が直らなかった場合は、帝王切開で産むケースがほとんどです」もし逆子とわかっても、赤ちゃんや妊婦の健康には問題が無いようなので、逆子の直し方や出産方法については、噂をうのみにせず、医師とよく相談するようにしましょう。
ということです。が、私は娘も息子も逆子でした。やはり逆子だと帝王切開になる確率が高いので、できれば直したほうが良いと言われて逆子体操やりました。
娘も息子もお腹の中でよく動く子で、内蔵蹴られてしょっちゅう気持ち悪くなってました。息子に至っては、蹴りでお腹から足がドビョーンと出て来て足の形が分かったことがあります。あと、パンチもあった。お腹から握り拳の形が分かった。お腹の中にいた時から空手の素質があったのかな?まぁ、グリンク゜リン動いていて、逆子よりもへその緒が巻き付くんじゃないかと心配しました。
この逆子体操は、間抜けなポーズでして、結構苦しいのです。「こんなので本当に直るのかよ」と疑いながらやってました。お腹の赤ちゃんが大きくなってしまったら戻せないと言われて、毎日必死にやってました。
おかげさまで二人とも逆子が直って無事に自然分娩することが出来たのです。
今、お腹に赤ちゃんがいて逆子のママは先生と相談してやってみるといいよ。元気な赤ちゃん産んでね。
ベビー赤んぼう
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3598-24f161f6