2015-08-30 (Sun)

深夜に出歩く子供、親の責任は 大阪中1殺害事件でネット論議

子育て&学校

CIMG6059_20101109155446.jpgCIMG6035_20101109155435.jpg
大阪の中学生殺害事件は、少年少女が深夜や未明に出歩いていたことが犯人に狙われるきっかけにもなった。首都圏の条例では、23時から翌4時までの深夜に青少年の外出を制限しているが、保護者への努力規定に留まっている。ブログによると、警察が深夜に子供を保護したところ、親は、子供が悪いことをしていないなら放っておいてほしいと言うようなケースが多かったという。中田宏さんは、これでは親としての責任を放棄しているとして、この機会に考えてみるべきだとしている。ブロガーの大西宏さんも、子供の深夜外出を許すのは親や社会の保護責任放棄だとして、諸外国のように、「親や社会の保護責任をより明確にする法律を整備する必要があるのでは」とブログで指摘した。ネット上でも、「親の責任も大きい」「罰則も検討するべき」といった意見から、「勝手に外出する子はする」「政治の貧困だな」といった指摘まで様々な声が出ている。
   *  *  *  *  *  *
親としての責任を放棄していると申しますが、じゃ、犬のように首輪をつけて鎖で繋いでおけと言うのでしょうか?やれるものならそうしたいくらいですよ。それをしたらしたで虐待と言われるでしょう?
うちの子は大人しくてただの美術バカですから全くそういうタイプの子ではありませんでした。でも、付き合う相手などで状況が変わりました。はじめの頃は心配で「今、どこにいるの?」「いるところくらい知らせて」「心配だから捜索願い出そうと思ってた」と何度もメールしたりしました。
それも一ヶ月・・二ヶ月・・三ヶ月となって行くうちに聞いても無駄だし聞かれるのもウザイと言う空気になって、何も聞かなくなり好きにさせるしかないと諦めました。
だから今では3日くらい家を空けることも当たり前です。バイトをしているのでお金も持っている。子供じゃないんだから自由にどこへでもいける。もはや、親は為すすべがありません。事故や事件に巻き込まれないで欲しいと願うだけです。
上記の中田宏さんや大西宏さんのお子さまはさぞかしお利口さんなお子さまなのでしょう。子育てで悩んだりしたことないのいでしょうね。このような事件が起こると槍玉にあげられるのが被害者のお母さんです。「母親は何をしていた」「放ったかしにしていた母親が悪い」そのたびに自分も攻められているような気持ちになります。子供を事件に巻き込ませたい親などいませんよ。どうにも聞いてくれない時期があるのです。さすがに4年ほど続くと私も心身ともに疲れ果てました。今は本人が大人になって自覚してくれるのを待つだけです。
CIMG6011_20101109155427.jpgCIMG6028_20101109155416.jpg
息子も幼い頃はガンダム大好き。ガンプラ大好きの単純でわかりやすい少年だったんですけどねぇ。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3615-090f3380