2016-12-21 (Wed)

続・“普通”の求めすぎが子を疲弊させる

子育て&学校

娘のピアス。「私は造形よりも営業に向いている」と言い出して、現在慌てて拡張した穴をふさいでいる。確かにこの耳で営業はマズいと思う。
PB231449.gifPB231450.gif
私はこのブログでも何度か紹介したけど、小学校の時の担任の先生に強い影響を受けて今の自分がいます。
「人と同じものを欲しがるな」「人と同じことをするな」「面白い人生を歩め」と言う先生でした。常識に捕らわれずに自分をしっかり生きろと言いたかったのだと思います。
おかげで、「普通」とか「みんなと同じ」が大嫌いな大人に育ちました。俗に言う「安全な道よりも危険な道を選んだ方が面白い」というやつです。安全な道は退屈です。危険な道はリスクがあるけどドラマチックでわくわくします。
昨日紹介した記事にあるように、自分を持っていない人は、自分の行動の軸がないため、気持ちがグラグラしてしまい、空気を読むことで心が疲弊するわけですが、私の場合、自分を持ち過ぎてブレないため、空気を読まないという大迷惑な真反対な人にるわけですね。「普通じゃない親」というのも考えものというわけですね。
こんな私が親になり娘と息子には「人と同じものを欲しがるな」「人と同じことをするな」と耳タコで言ってきました。おかけ様で二人とも変わり者のアーチストに成長してくれました。
けれど娘は常識を重んじます。そして、空気を読まない私はよく叱られます。
成人して大人になった彼女は「普通が一番良い」と言います。
面白いよねぇ。昨日の記事は「普通を求め過ぎて子が疲弊」だったけど、うちの場合、普通アレルギーの私が「普通は悪だ」と言ってきたのを子供は疎ましく思うんだから。
大人になったら自由ですから娘も息子も好きなように生きてくれて良いと思っています。
私は、ずっとブレないで生きたいと思う。外野の雑音など気にせずに自分を貫きたいと思います。まだまだレースは終わってないよ。最終コースで巻き返してやるぜ!!
P7130005_201409192108591a3.gifP8270493 - コピー
今はコスプレを卒業しましたが高校生時の息子。クオリティが高いでしょ。私に無理矢理これを持たされて撮影。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3623-d489460a