2015-09-13 (Sun)

なぜ仕事をすぐ辞めてしまうのか謎が解けた

未分類

饅頭img_408712_11521879_0.gif
フリーのアニメーターだった時はぼっちだったので何も考えないで仕事だけしていた。
前の会社で勤めたのは8年。その中で驚いたのは入社して1日とか2日で入社辞退する人の多いこと。1日や2日でいったい何が分かると言うの?同僚たちも首を傾げていた。
そして、転職した私。この1日2日で人が辞めて行く謎が解けた気がした。40代から50代の女性が大活躍という隣の部署。(本当は40代から70代までの女性)本当は私はそちらに配属されるはずだったのだが、何の因果かお爺ちゃんとおっさん5人の部署に配属になった。
初日ランチを隣の部署でご一緒させてもらった。会話の中で勤続20年以上のおばちゃんが「いつまでも人を当てにしちゃダメよねぇ。自分で覚えなくちゃねぇ。あれ?誰だっけ○○さ~ん」と新人の女性に嫌みたっぷりに言ったのだ。その場の空気が凍る。
隣の部署は辞める人が多く、そのベテランのおばちゃんが「なんで1日2日で辞めちゃうのかしらねぇ?わからないわぁ」と言っていたが「アンタが原因だよ!!」人の入り替わりが激しい原因はこれだ!とまゆみは思った。入って来た人は「ここで働いたら自分はこのおばさんに潰される」と即座に空気を読んで辞めて行くのだ。
と、言いながら私の部署は私も含めてたった6人。その6人のうち主任と一人のお爺ちゃんが煙たい存在なのである。この二人もまた勤続15年くらいと勤続年数が長い。
勤続年数が長くなると自分が新人の頃のことを忘れてしまうのだろう。誰だって新人の時は仕事を覚えるのに必死でそんなに一度にたくさんのことを求められても追いつけないものだ。それを、機関銃のように矢継ぎ早にレクチャーしてくる。メモを取る暇も与えない。頭はパンク状態だ。そんな私を見て「お前バカじゃねぇの?」って冷たい目で見る主任。「こ・・・これか・・・2日目とかで辞めたくなる人の気持ち・・・まゆみも分かったよ・・」この部署がお爺ちゃんだけな理由も分かる気がした。
やはり若い人はすぐに辞めてしまうのだ。一目瞭然。この人たちと仕事を続けるの無理。ここにいたら自分は続かない。若い人は見切りをつけるのが早い。別に仕事は他にもいくらでもあるから。だけどおばちゃんに仕事は無い。だから若い人のように簡単に辞めるわけにはいかないのだ。ここで頑張るしかないのだ。
優しいお爺ちゃんIさんは「だいたい一度にそんなに覚えろっつうのが無理なんだよ。覚えられるわけがないだろ。気にするな。少しずつ覚えていけばいいんだから」といつも励ましてくれる。
夢の国の時もそうだったけど、人が辞めて行くのは「古狸」が原因だと言うことが判明しました。「古狸」とは「 年をとって、経験を積み、悪がしこくなった人」のことを言います。15年20年かけて覚え来た仕事をあたかも10日くらいで覚えたような気になっている古狸。「なんで出来ないの?」「こんなの簡単に覚えられるでしょ?」自分が聖徳太子やどこぞの偉い人と一緒だと勘違いしているようだ。こういう人に新人教育は向いていない。辞められるのが落ちだ。フン、こっちは野獣だからね。立派な牙な持ってるからね。狸なんかにゃ負けないよ。
D22620DD-6AE3-459E-8978-5A02D25F7D5F.gifimg_181110_2893717_0.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3625-a7e45c70