2015-10-06 (Tue)

ミュージカル仮面ティーチャー観てきたどぉーーー!!

文化&芸術&芸能

o0480033913419782574.gifPA042639.gif
龍丸様の「ミュージカル仮面ティーチャー」を観に行ってきました。大衆演劇を休団している龍丸様。私は大衆演劇をしている龍丸様にリスペクトしているわけで、普通の演劇はちょっと・・・と腰が引けていました。
そんな時に龍丸様の長年のファンのSさんからメールが。「チケットがありますが行きますか?」もう即答で「行きます!!!」と連絡していた。それも前から7列目だった。
場所はZeppブルーシアター六本木という劇場で、ミュージカルを観るのは娘と行った「阿国」以来ではないでしょうか。大人の社会科見学だよねぇ。ロビーにはガチャポンがあります。みんな自分の好きな役者さんのバッチが出るまで買うのです。1回300円を50回やった人がいると聞いてたまげた。300×50=15000円だよ。
ブロマイドも、40年ぶりくらいに買っちゃいました。このブロマイドもまた、レアバージョンは中身が分からないで販売していて、中を見たら龍丸様がいなくて何度も買ったという人がいた。いや~、なかなかあこぎな商売してますなぁ。
この物語は“東京の不良墓場”と呼ばれる極蘭高校に派遣された荒木剛太は、闇に閉ざされた問題校を徹底的に更生する「仮面ティーチャープログラム」のスペシャル教師。喧嘩補習という名の指導で次々と不良達を迎え学校に光を当てていくというストーリー。龍丸様はキーパーソンになる役をやっていました。なんだか我が子を見るようにドキドキしながら見てしまった。無事に千秋楽を向かえられて良かったですね。
最後のクライマックスでは、あちらこちらですすり泣く人が。感動のシーン。私は龍丸様の芝居に集中してしまって泣く余裕がなかった。
芝居が終わって出演者が舞台に登場。鳴りやまない拍手。感極まって、ティーチャー役の友常勇気さんが泣きベソで挨拶をしています。無事に千秋楽を迎えられて安心したのでしょうね。2度目のアンコールで客席がスタンディングオベーションすると、ものすごい号泣です。つられて生徒役の子も号泣。あまりにもその姿が可愛くて、私もつられて泣けてきた。
Sさん、本当にありがとうございました。とてもいい経験をさせて頂きました。龍丸様頑張っていたけど・・・・やっぱり大衆演劇に戻って来てほしいなぁ・・・・・・・。
PA042640.gifPA042636.gif
              生まれて初めて六本木のアマンドに入りました。Sさんと食事してお茶した。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3663-6bc26518