2017-02-23 (Thu)

本が売れないのは図書館原因?波紋

未分類

「村上海賊の娘」300人待ちで8ヶ月待った。
91BA~14103068833.gif
朝日新聞デジタルが、出版不況が深刻化する一方で図書館は増え続け、またサービスも拡充しているという事実と、「公立図書館の貸し出しにより本が売れなくなっている」という見方を伝え議論を呼んでいる。新潮社の佐藤隆信社長が、図書館の貸し出しが「売れるべき本が売れない要因の一つ」と言及したという。
「新刊が売れない原因の一つは図書館」という出版社側の姿勢に、ツイッターには、
「貸し出しの1年猶予に賛成~。作家が食べれなくなって廃業したら作品自体が読めなくなる。読みたいけど新刊買うのが無理なら待てばいいよ、私は新刊読みたかったら飯代削ってでも買うよ」
「うーん…。どうなのだろう。刊行後一定期間貸し出せなくしたとして、その間に買う人がどの程度増えるのかね…」
「人気作家の作品を図書館で借りようとすると、かなり待つこともある。そもそもすぐ読みたいって人は最初から買うだろし、図書館で借りる層って、『買うほどではないけど読んでみたい、良かったら買おうかな』って人な気がする」
など、図書館で借りる人は、そもそも本を積極的に買うタイプではないのでは、という見方をする人や、図書館は新しい本との出会いをつくる場でもあるだけに、「そんなことをやったらもっと本離れになるって想像出来ないのかね?」と、ますますの本離れを懸念する意見がある。
という記事でした。これは言いがかりというやつでしよ。今も昔も図書館はあるわけで、借りて読む人、買って読む人がいるわけです。「図書館で借りる人は、そもそも本を積極的に買うタイプではないのでは」という意見の通り、私がそれです。まぁ、貧乏なせいもあるけど昔から本は買って読みません。図書館で借りて読みます。昨日書いたように取りあえず読めるなら1年でも2年でも待ちます。又吉さんの「火花」だって200万部売り上げたんでしょ。日本人は流行り物好きだから買う人は買うんだよ。
cover001.gifcover002.gif
「海賊とよばれた男」1088人待ち。1年4ヶ月待った。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3690-d976c9b0