2015-11-25 (Wed)

予約注文しておきました

文化&芸術&芸能

PB232773.gifPB232770.gif
23日に陶芸家原島伸子先生の作品展に行って参りました。
毎年、この時期にご紹介しています。年に一度のお楽しみです。可愛いでしょーー素敵でしょーー。28日まで開催されていますからまだ間に合いますよ。是非、足を運んでご覧になってみて下さい。
ホントに癒されます。癒されると言えば、この画廊のオーナーご夫婦もとても素敵で私の憧れです。
奥様が乙女のようにチャーミングで女子力3万馬力くらいあると思う。お料理もお上手で、いつもちゃっかりご馳走になってます。チャーミングでお料理が上手。女子力3万馬力。野蛮人で料理が嫌い。女子力ガス欠の私。これじゃ女の幸せ掴めるわけないわなぁ。
PB232769.gifPB232772.gif
下の写真が今回私が購入した作品です。器が良いと私の下手な料理も見栄えが良くなるかもしれない。
私は数年後には終の棲家を探すつもりです。その時は、余計な食器は全部捨てて、食器は原島先生の作品だけを持って引っ越すつもり。という話しをしていたら原島先生が「私の終の棲家はここ」と作品を指さしています。「えっ?」一瞬言っている意味が分からなくて「どこ?何?」と聞き直したら、自分の作品の中。つまり自分で骨壺を作ってそこに入ると言う意味でした。
「それ、すごい!すごいよ!究極じゃん!自分の作品に収まるなんて!最高じゃん」なんて素晴らしい計画なのだ。そこで私も乗らせて貰った「私の分も作って」予約注文しておきました。そこのあなたも特注でいかがですか?おそろ?骨壺友?
ずっと貧乏暮らしをして来たのだ最期くらいは贅沢な壺に入って高笑いしたいもんだ。樹木葬では骨壺から骨を出して土の中に直接骨を埋める。だから火葬場から墓場までの間に入る壺なのだ。なんという贅沢。骨を取り出して残された壺。さてさて、娘と息子は何に使うか。洗わずにぬか漬けにでも使ったらどうだろう。母の骨(カルシウム)入り。なんちって。
PB232774.gifPB232775.gif
スポンサーサイト


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3700-95aed390