2015-12-07 (Mon)

引っ越し残酷物語⑦

未分類

取り付けて貰うのを待っている湯沸かし器君。金魚たちも無事に移動できた。
PB292800.gifPB292802.gif
チョー貧乏だから安い家賃の都営住宅に応募して入居できたわけで、もう高い家賃を払わなくて済むとホッとしていたが、世の中甘くないねぇ。
引っ越し代、エアコンの取り外し取り付け、NTTの回線工事、新しい電気、冷蔵庫、家具の購入、契約金、前の家の半月分の家賃。などなど30万~40万のお金がかかっている。
極めつけはこれだ。東京ガスの対応がグダグタ。2時から4時に取り外しに来ますと言っていたから、引っ越しの終わった前の家で待っていたが来ない。5時頃やっと来た。取り外して取り付けの見積もりとガスの元栓を開けために新しいに家に行った。そしたら「レンジが使えないないから今日はガスは使えません」と言われた。湯沸かし器の取り付けの見積もりは連絡しますと言われた。その人が帰ってしばらくて東京ガスの人が来た。「取り外しに来たんですが」「えっ?もう取り外ししてもらいました」じゃ、さっきの人は東京ガスの人じゃなかったの?その人が会社に電話すると誰が取り外しに行ったのか分からないと言っている。なんじゃそれ。娘が「領収書見れば担当者の名前が書いてあるんじゃない?」と言った。領収書を見ると安斎と判が押してある。「安斎さんて人みたいです」と言うと「安斎が来たんですか。分かりました」と帰って行った。
翌日、またまた別の東京ガスの人が来てガスレンジの取り付けをしてくれた。これでガスが使えるぅとホッとしたが「私は取り付けに来ただけなので点検は別のものが伺います」はぁ?そしてしばらくしたまた別の人が来て点検をしてくれてガスの元栓は開かれることとなった。なんかさぁ、一度に出来ないの?こっちは自治会の会長さんのとこ行ったり元大家さんや近所に挨拶回りに行ったり、忙しいんだからさ。
そして見積もりの電話を5時頃くれると言っていたのに連絡無し。仕方なくこちらから連絡すると「折り返し本人に連絡させます」と。7時頃電話が来て、見積もり額を聞いて唖然とした。「3万円です」一瞬、聞き間違いと思い「今、3万円と言いましたか?」と聞いてしまった。「はい。3万円です」「3万円だったら新しいのを買えますよね」「そうですねぇ。ホームセンターなんかで安く買えますね」「・・・・・」「まぁ、新しいのをお買いになって取り付けてくれと言われれば取り付けますよ。1万くらいになると思いますが」
ん?ちょっと待ってよ。今、あるものをつけるのには3万で、新しいのを買ったら1万ってどういうこと?なんかもう東京ガスに頼むの嫌になった。完全に殿様商売じゃん。めっちゃ上から目線だし。入れ替わり立ち替わり4人も人が来でグダグダで連絡はして来ないし。
湯沸かし器は悲しげにベランダで横たわっている。どうにかしなければ・・・。続く。
PB282783.gifPB282784.gif
3階なので見晴らしが良い。
スポンサーサイト


Comment

>引っ越し残酷物語⑦

せっかく引っ越しが終わったのに快適に過せるまでにはまだ時間がかかりそうですね。
  • haru3 #-
  • URL
  • 2015-12-08(Tue) 09:47:24
  • Edit

>引っ越し残酷物語⑦

快適に暮らせるまで、まぁ半年から1年はかかりそうです。仕事から帰って毎日2個箱を片づけるようにしてまして、10日で20個。20日で40個。フフフ・・楽勝と思っていましたが、なんか全然部屋が片づいてない気がするんですけど。なぜでしょう。
  • - #-
  • URL
  • 2015-12-08(Tue) 17:11:37
  • Edit

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3708-5ed10bce