2015-12-08 (Tue)

引っ越し残酷物語⑧

未分類

換気扇11000円也。出費がかさんでいく。そして部屋はグチャグチャ。
PB292801.gifPB282778.gif
私は電化製品関係が全くダメだ。一番危惧していたのは自分でテレビをつなげることが出来るかどうかだった。さっそく線を入れてみたらテレビが見られた。「ヤッター!私って出来る女じゃん」テレビを消して片づけをする。しばらくしてテレビをつけたら「このテレビはつながっていません」みたいなことが画面に出て来る。「おかしいなぁ。さっきは見られたのに」しかし、たった1局だけ見られる番組があった放送大学だ。なぜだか放送大学だけは間違いなく見られるのだ。私がバカだから勉強しなさいという警告なのか?
引っ越ししてパソコンは使えない。テレビは見られない。情報が何もない。パリのテロのことも知らなかった。
都営住宅と言うところは換気扇がない。自分で取り付けなければいけないそうだ。電器屋さんに頼んで取り付けて貰うことにした。電話で「テレビがつかないんですけど、それも見て貰えますか?」と聞くと「はい。分かりました」とおじさん。
引っ越しから4日目、高円寺にある電器屋のおじちゃんが換気扇を取り付けてくれた。そして問題のテレビ。
「あれ?おかしいなぁ。なんで放送大学だけしかうつらないんだ」
あちこち見た結果、配線が古い型だったのと、私が何度もコードをグリグリ差し込んだり外したりしたので中の芯が折れてしまったことが原因。やっぱ私のせいだったのね。それにしてもなぜ放送大学は映ったの?謎だ。
新しい配線に交換して貰って、ちゃんと設定もして貰って完璧。「さすがプロ!神ですね!私、こういうのチンプンカンプンでからっきしダメなんで」と言うと「うちの母ちゃんも全然ダメですよ」と笑っていた。
そして湯沸かし器の取り付けを聞いたら、「これはねぇ。俺は苦手だから断ってるんだ。まぁ、電器屋はだいたい断ると思うよ」と言っていた。事故が頻繁にあったからガス系には関わりたくないのかなぁ。
会社の同僚のT君に言わせると「そんなのホームセンターで部品さえ揃えれば簡単に自分で出来ますよ」と言う。「んなの私ができるわけないじゃん。じゃ、T君やってよ」と言うと、「なんで僕がやるんですかぁ~」と断られた。
再び、心から思った。「心配するな、俺に任せろ」と言ってくれる男が欲しい。真剣に婚活しよう。続く。
PB282776.gifPB282777.gif
これだけで一箱。スプレー缶だけで一箱。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3709-84c62dca