2015-12-12 (Sat)

引っ越し残酷物語⑩

未分類

PB162725.gifPB162728.gif
天井まで積んだ荷物だぞ、すごいだろ。
私は仕事から帰宅して風呂入って食事すると、とにかく1個でも2個でも箱を開けてすこしずつ片づけている。たぶんもう70箱は開けたと思う。
しかし、息子は一切片づけようとしない。「あんたねぇ。片づけないと、そのうち箱が崩れてくるからね」と何度と注意していた。そして・・・その日がやって来た。
朝、5時。台所で牛乳を飲んでいたら奥の部屋からドーンというすごい音が!!
慌てて息子の部屋に行くと、積んでいた箱が崩れ落ちて息子の腹の上に乗っていた。「おい!大丈夫か!」と言うと「あ?あぁ・・平気平気」とまた寝てしまった。
「軽い荷物だったのかなぁ」と、腹の上の荷物を持ち上げると重いじゃないのよ。こいつホントに私に似てバカなんだなぁ。鈍いのよね。よく肋骨とか折れなかったなぁ。空手やってたから腹筋強かったの?つか、顔に落ちてたら完全に鼻の骨折れてたね。
んーーー。となりの箱の山も崩れるの時間の問題だと思うんだよねぇ。今度は股間のあたりに直撃だと思うよ。
だいたい130個の段ボールって半端ないでしょ。母と息子の二人暮らしの引っ越しだから70~80個の予定だったのよ。それが、処分する予定だったものを息子が処分していなかったために130個に膨れ上がったのだ。だから息子のコスプレと材料ともろもろだけで80個くらいあると思われる。
今度の休みには段ボールの振り分けをして息子の段ボールは全て息子の部屋に置くことにする。後のことは知らない。またまた段ボール雪崩に遭うかもしれないが自業自得。「夜道を歩く時は後ろに気をつけろよ」などと悪役が言うが、寝る時は前後左右上方に気をつけろよって話し。
息子の部屋は無視して正月までには普通の暮らしが出来るようにしたい。続く。
PB162727.gifPB282779.gif
この段ボールなんて倒れたら凶器だよ。ライダーの武器とか刺さるし。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3711-83116497