2015-12-15 (Tue)

引っ越し残酷物語⑪

未分類

ちょっと分かりづらいかもしれないけど写ってます。
PB142723.gifPB142720.gif
人類史上最悪の引っ越しだった・・・。前の家から荷物を運び出す時に写真を撮るのを忘れていたことに気が付いた。慌てて写真を撮った。家のあちこちに「22年ありがとよ!あばよ!」と言って来た。
そして、新しい家に行き写真を見たらやっぱり写っていた。オーブだ。これはよく心霊写真で出てくるが、私はずっと信じてなかった。でも、ある時からまんざら嘘じゃないと思うようになった。(話すと長くなるから省略)
「私は霊感が強い」とか言う人を信じられない。かくいう私もたくさん見たし体験もしたけど、信じていない。確信が欲しいのだ。本当の本物に会いたいのだ。
娘は絶対に心霊現象なんて無い!!と断言する子だ。「写真にオーブが写った」と言うと「そんなのたまたま反射だよ。あるわけないじゃん。でも・・あの家にはいたけどね」と言った。
心霊現象なんて絶対無いと言う娘でさえも、前の家が特別だったのは感じていたようだ。
笑っちゃうことに息子も最後の時に家のあちこちの写メを撮っていた。そしたら写っていたのだ。
私たちが出て行くのを見て「寂しいよ」と言っているのか、「さようなら」と言っているのか分からないけど、家が意思表示をしてくれたのかもしれない。
前の家ではいろいろな現象があった。メンタルの弱い人なら「この家は呪われている」とか「霊にとりつかれた」とか言って、お払いとかするだろうけど、うちの人間は気にしない。22年間共存というか、気にしないで生活してきた。
そんな家ともさよならだ。ボロだったけど大好きな家だった。できればぶっ壊れるまで住んでいたかった。続く。
PB142721.gifPB142724.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3712-103063ed