2015-12-02 (Wed)

アニメ業界で愛用者の多い三菱の硬筆色鉛筆が生産終了へ 日本アニメーター・演出協会が対応に動く

アニメ

どうだぁ!この鉛筆!子供の鉛筆までつけてました。下描きの時に使っていた。スタジオにいた時もこのロングな鉛筆を使っていて「長くて使いづらくない?」とみんなに不思議がられた。私はこの長い鉛筆で描くのが好きだった。
            CIMG6666.jpg
こんな記事を発見→三菱鉛筆が硬筆色鉛筆7700番(赤以外)の生産を2015年で終了すると発表したことを受けて、愛用者が多いアニメ業界が対応に乗り出しました。三菱鉛筆は、終了の理由について「販売数が製造単位に満たない状況が続いてきたため」としています。日本アニメーター・演出協会は、同製品は業界内で愛用者が多いだけでなく、動画注意事項などで硬筆色鉛筆の使用が規定されている制作現場も多いとして「日本の商業アニメーション業界にとって非常に大きな問題」としています。先ごろ生産終了が告知された際には、業界関係者から「困る」という声が上がっていました。
   *  *  *  *  *  *
私もアニメーター長くやっておりましたから、三菱鉛筆さんには本当にお世話になりました。
どんなにケチな私でも、絵を描いていると、値段の高い鉛筆、色鉛筆が描きやすいというのが分かるので、そこはケチらずに高い鉛筆と色鉛筆を買っていました。
赤は一番使う色だけど、他にも水色、オレンジ、グリーン、ピンク、青など他の色も使うのです。フリーになって自分で購入するのでダースで何箱も注文してまとめて配達してもらいました。
今から35年前に下請けのスタジオに入ってアニメーターになりました。私の机を与えられて、引き出しを開けるとチビた鉛筆が大量に出てきました。「これ、どうするんだろ。このまま永遠にチビたやつが増えて行くのか?」
ケチ・・・いや・・・35年前から地球に優しいエコな私は、この子たちを全部一つ残らず使い切ってやろうと決めました。それで、長い鉛筆に接着剤で付けて使い切るという荒技を考えたのです。このスタジオには1年ほどいましたが、見事にスタジオにある全てのチビ鉛筆を使いきりました。
動画用紙と鉛筆があってのアニメーターです。これを無駄にしたら絵の神様の罰が当たるぞ。アニメーター人生ずっとこの鉛筆は最後までをつかいきると言うのを実践してきました。
しかし、アニメーターを辞めて、残された鉛筆と色鉛筆と消しゴムたち。そんな時、東日本大震災がおきました。毎日、テレビを見て「自分にも何かできないか」と悶々としていた時に、阿佐ヶ谷のスズラン通りに福島相馬のみなさんが来ていて、支援物資の受け入れをしていました。そこで、息子の新品の下着や靴下などとともに文房具をお持ちしました。役に立ってくれていれば良いのですが。
話しはだいぶそれてしまいましたが、現在頑張っている後輩たちのためにも何とか生産終了しないで頂きたい。老婆心ながらお願い申し上げます。
P4021919.gifパラパラ
ボールペン、シャーペン、サインペンなどもあります。役に立てたかなぁ。セル画の頃は表面に色鉛筆で塗り分けをしていました。デジタルになって動画用紙の裏側に色鉛筆で塗り分けの指定をしていました。今はどうかしらないけど。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3716-f2dfe512