2016-01-26 (Tue)

篠原演芸場行ったどぉ~!!一見劇団

文化&芸術&芸能

P1232952.gifP1232960.gif
すみません。おばちゃんの説明を聞いていたんですけど、やっぱりどの人が誰か分かりません。左上はたぶん三兄弟の中の一人だと思う。私、こういう感じ好きです。インテリっぽいスタイル。胸キュンでした。そして、着物の写真はア太郎君です。ツィッターを見ているとよく登場するア太郎君。私はこの方が座長の息子さんだと思っていたんだけど違いました。
私のように初めてみる人間は先入観や余計な知識がないから客観的に劇団を見ることが出来ると思う。このア太郎君はオーラが違うと感じた。大衆演劇の役者になるために生まれてきた人というのがビシビシ感じる。まだ新参者の私ですが、様々な劇団を見ていて分かります。惰性でやってるなぁとか、人気にあぐらかいてるなぁとか。勝手な推測ですけどね。
P1232962.gifP1232963.gif
それにしてもこちらの劇団は男子が多い。女性は2人だけだったと思う。あと全員男の子。必然的に若い女の子のお客様が多い。右隣の女性はお着物を着ていた。上品な感じなんだけど、ショーが始まると太い声で「座長!!」「ヨッ!ア太郎!!」とか言うのでちょっとビックリしたけど、若いお客さんが増えるというのは有り難いことだと思う。
お客さんは圧倒的に女性が多いから小竜丸劇団も積極的に男の子を採用したらいいと思う。小竜丸劇団は逆に女の子ばかりで男子が2人だったもんね。(私が一番最初に見た頃)鈴丸姉さんだけで劇団を背負うのは厳しいでしょう。余計なお世話かもしれないけど、男子の役者さんを育ててほしいです。
P1232966.gifP1232972.gif
この日は東京は夕方から雪の予報で帰りの電車が止まったらどうやって帰ろう・・・と心配をしていた。でも、結局、雨も降らず無事に帰れた。しかし、劇場は大雪。ラストショーで雪の場面。ユサユサさせている吊り物の舞台装置で紙雪を降らせるんだけど、私はそれに目が釘付け。すごいよねぇ。これでもかってくらい降ってました。
この日、ゲスト出演していた嘉島俊典さんは好きなタイプです。昭和の時代劇のスーパースターを彷彿とさせるお顔建ち。大川橋蔵さんの銭形平次を思い出してました。市川雷蔵さんにも通じるものがある。送り出しで嘉島俊典さんに握手して貰った。ふふふふ。しあわせ。
P1232973.gifP1232975.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3767-3dd306c1