2016-03-02 (Wed)

ネット上、早くも“流行語大賞”議論

未分類

後悔しても後のフェスティバルざんす!(*・`ω´・)ゞ
b0229138_12525912.gifimg_0.gif
芸能人・政治家の恋愛騒動、事件・事故など何かと話題の多い2016年。2月もまだ終わらないうちからTwitter上には「これは流行語大賞か」という予測があふれているようです。
■「メンタルリセット」
元日放送の『芸能人格付けチェック』(朝日放送)で、連勝中だったGACKTがチーム戦で敗れた際、叫んだ言葉。
■「ありがとう文春」「センテンススプリング」
週刊文春が、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音との不倫をスクープした際に流出したとされる、ベッキーのLINEメッセージ。
■「ゲス」
ベッキーと不倫ネタで騒がれた川谷絵音が「ゲスの極み乙女。」ボーカルだったことから、騒動後、ニュースでは何かにつけて「ゲス○○」という表現が増加。
■「私のど真ん中はソナタ」
妻の妊娠で育休中の宮崎謙介元議員が、不倫相手に送ったというLINEメッセージ。
  *  *  *  *  *  * 
このブログでベッキーとゲスの話題は一度も出していません。ベッキーにも失望したけど話題にしたくないほどゲスの男が最低。知らぬ間に不倫相手と旦那にコケにされてた奥さんのことを思うと自分のことのようにムカつく。人の噂も七十五日なんつって隠れていれば噂も忘れられるなんてセコいこと思うなよ。男の癖に堂々と表に出て来いやぁ!!
しかし・・・・ そんなことはどうでもいいんです。宮崎謙介元議員の「私のど真ん中はソナタ」は・・・ツボにはまった!!ぶふあーー!!「私のど真ん中はソナタ」って・・・すごいフレーズだ。「会いたくてたまらない病」 「(夜遅く帰宅する宮沢磨由さんに)気をつけろよ! 彼女さん」「お会いしとうございます」「裏切られたらどうしよう。死ぬ!」
この人すごいコピーライターの才能あるんじゃない?普通は言わないよこんなこと。ヨッ!言葉の魔術師。
ゲスにしろ議員にしろ「女好き」は病気です。その場は反省しても病気なので治りません。また同じことを繰り返します。私も一度だけこの病気のダメンズと付き合って学習したのでよく分かります。
それにしても携帯とかなかった昔は浮気し放題だったよね。女の勘というのはあるけど。どこで何してるか証拠はないんだから。今は、どこでどう情報が漏れるかわからないから浮気している人は戦々恐々でしょう。私はスマホ持ってないしラインもやらないし写メも撮らないし、だいたい後ろめたいこと何もないからさ。携帯見られても何の問題もないし。友人か娘と「今、どこ?」「電車の中」「もうすぐ着く」・・・こんなメールしかありません。これはこれで寂しいですな。叩けば埃が出る色気のある話題がほしいものです。
img41129758zik3zj.gif41tniE-itUL__SL500_AA300_.gif
悪いことしているとワーキングマンが来るよ~!!!
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3785-bc32c0b0