2016-03-27 (Sun)

まゆみ新しいパソコン買ったってよ・言葉の壁の巻

未分類

このパソコンは8年前に使っていたやつ。8年前のブログに載せた娘と映画を観に行った時のプログラム。
                 CIMG6660.jpg
私が使っているパソコンがある日突然壊れた。電源が入らなくなったのだ。まぁ、だいたい電化製品というものはある日突然壊れるものなのだが。
電源ボタンを押しても電源が入らずにピーピーと変な音がする。強制終了してまた押す。ピーピー。強制終了。を繰り返していると突然電源が入る。早い時で3分。時間がかかると1時間くらい押し続ける。指で電源ボタンを押したまま死体のように爆睡することたびたび。
強制終了を繰り返すなど無謀なことをすればパソコンの破壊につながる。修理を頼もうとして某D社に電話した。するとオペレーターは片言の日本語の女性だ。はっきり言ってホントに片言でほぼ会話が成り立たない。「パソコンの電源のスイッチが入らない」というのを分かって貰うだけで1時間くらいかかった。修理するに当たってデータは大丈夫なのか聞くと「データハ、ダイジョブデス」と言った。そして一週間後、修理の日程の電話がかかって来て、改めてデータの話しをすると「データハ、ショキジョタイニナリマス」初期状態というこはデータ無くなるってことじゃないの?「データは全部消去されるんですか?」と聞くと「ソデス」・・・・・「あの・・・修理はもう一度考えます」と言って電話を切った。
会社の同僚の男子でパソコンに強い子がいる。T君は私のパソコンの師匠だ。リュックサックにパソコンを入れて会社まで持って行き昼休みに見て貰った。
「これはダメですね。もう死んでいます。修理に出すだけ無駄です。新しいのを買った方がいい。それにだいたいこんな安物を買うからいけないんです。安物は結局この程度のものですぐ壊れる。やっぱり国産じゃなきゃダメです」
「えぇーー国産は高いじゃん」
「国産じゃないからサポートの時に通じないんですよ。まぁ、国産で最低でも12万くらいのものでないと」
「ひぇーーーーー私貧乏なんだから12万のパソコンなんて買えるわけないじゃん」
去年、引っ越しをしてかなり貯金を取り崩したのだ。これ以上の出費はキツイ。
「取りあえずどういうものが良いのか下見に行きましょう。あくまで見るだけです」
と言うわけでヨドバシカメラに見に行った。T君いわくCore i7 / i5 / i3 と言うのがあって、最低でもCore i3を買うように言われた。ところがそのCore i7 / i5 / i3 というのが国産だと Core i7なんかは30万円以上するものもある。 Core i3も一番安くて13万くらいした。「このくらいの日本製がいいです」「そりゃ日本製がいいに決まってるけど、無理だ。絶対出せない」
しかし、パソコンがないとシナリオの制作ができない。どうするまゆみ。
                 CIMG6661.jpg
ちなみにこの2本の映画。無料チケットが当たってタダで観た。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3802-894554f3