2017-06-12 (Mon)

「時間は心の傷を癒さない」、米研究で明らかに

未分類

オーーホホホホホ!!これからの女はもっと強くなるわよ!!男子諸君着いてこられるかな?
317ogx2y9lL__SL500_AA300_.giffujiko.gif
米心理科学会誌「Perspectives of Psychological Science」に掲載された最新の研究結果によると、時間が人を癒す効果はないことが確認された。アリゾナ州立大学の研究チームによれば、一般的に人には、それほどの自然治癒力はない。そのため、自然災害や長期の失業など、人生を変えるような出来事を経験した場合、回復するまでに予想以上の時間がかかる可能性も十分にある。研究によれば、人生にストレスをもたらす要因は健康状態を大幅に悪化させることがあり、その状態は数年にわたって続くこともあり得る。
回復に向けてのタイムテーブルはない「すぐに良い方に向かうよ」という善意に満ちた言葉が、心の傷を癒すことは「受動的な行動である」との通説を不変のものにしてしまっている可能性がある。なかなか回復しなければ、本人が自分自身を厳しく批判してしまう可能性が非常に高いだけでなく、他の人が長期にわたって苦しんでいることに対し、共感できなくなってしまう危険性もある。ただ時間が過ぎるのを待っていることは、最善の選択肢とはいえないのだ。
逆境を乗り越え、立ち直るのに必要なスキルを持たないこの人たちは、時間が過ぎてもなお、苦しみ続けるということだ。メンタルの弱い人と強い人で立ち直りの時間に差が出るということですね。
生まれつき強い精神力を持っている人はいない。だが、精神力を強化できる能力は、誰にでもある。体力と同様に、強化するための練習方法もある。現実的に考え、感情をコントロールし、生産的な行動を心がけることが、困難を乗り越え、回復することに向けてのカギとなる。強くなれば、あらゆるストレス要因に対しての抵抗力も高まる。
という記事でした。私も精神力は強化出来ると思います。私も決して強い人間ではありませんでしたが、長い人生の中で焼きを入れられて叩かれて強い鋼の心臓を持つ人間になりました。
時間は永遠ではありません。早く立ち直って次に向かわないとあっという間に年を取ってしまいます。若い人はどんどん困難を乗り越えてメンタルを鍛えて下さい。だけど、震災などで我々には想像も付かない辛い経験をした人は別です。回復に向けてのタイムテーブルなどなくていいんです。本人の心の整理がつく時が来るまで無理をせずに立ち直って下さい。
9d3b8b64.gif1400179771.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3810-4f3ac656