2017-06-21 (Wed)

「人生一度は地元を離れろ」に賛否

未分類

いつか必ず住みたいと思っている千葉にある武家屋敷。
P2271778.gifP2271779.gif
新しい年度の始まりとともに、進学や就職で生まれ育った場所を離れる人も多いはず。地方から東京に移り住んだブロガーが、「地元に留まり続ける地方在住者はつまらない」というブログ記事を発表し、これが議論となっている。このブロガーは、石川県出身で関西の大学に進み(1年半で中退)、様々な経験を経てから実家に戻るも、現在は東京に住む1986年生まれの男性だ。そんな彼が「地方在住者はつまらない」と考える理由は、
「スクールカーストが未だに残っている」
「つるむ人が決まっていて、視野が狭い」
「田舎を言い訳材料に使う」
「地元の本当の良さが分からない」という4点。
「田舎は東京と違って資源が豊かで、人もいないし、土地も余っている」
「田舎の魅力というのは引き出せていないのが現状」
と考えるこの男性は、東京について、
「8年住んでみても思いますが、面白い人が本当に多い」
「自分が過去に何者であったかはどうでもよくて、どんな人でも受け入れてくれる仕組みになってます」
「毎年様々な新しい出会いがあり、人間関係も循環しているので毎日がとても刺激的」
と、述べており、
「地元を出ることで地元の良さにも気づけてくるし、いかに自分が視野が狭かったかと思い知らされるはず」
と、綴っている。
私も生まれ育った地元を出てみるというのは賛成派です。私は東京生まれの東京育ちだけど、東京と言えども23区ありまして下町から山の手と貧富の差やら土地柄というのがあるのです。プロフィールにも書いてある通り下町の足立区梅島から山の手の杉並に越して来てカルチャーショックはすごかったです。
「井の中の蛙大海を知らず」ということわざがありますよね。「狭い見識にとらわれて、他に広い世界があることを知らないで、自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人のことをいう」同じ人間でも住んでいる場所でこんなにも違いがあるんだと思い知らされました。日本は小さい狭いと言っても何億の人がいるのです。いろいろな人に出会うのは素晴らしいことだと思います。
ただ・・このブロガーの方は「毎日が刺激的」と、今は満足しているかもしれませんが、私的には東京は苦手です。ゴチャゴチャしていて日々ストレスの連続。人がみんな敵に見えてきます。メンタルが強い人間が生き残る街。徳島のCMの中で東京を「人は多いが寂しい」と表現していますがその通り。だから私は東京から田舎に住みたい人です。実際田舎に住んでみて「やっぱり生まれ育った東京が好き」と思うかもしれないし、それは分かりません。東京で生まれ育って半世紀、人間が多すぎてうんざりです。一人にしてほしい。放っておいてほしい。森の中でひっそり暮らしたい。計画を立てている真っ最中です。
P2271770.gifP2271769.gif
このまま時代劇とか撮れそうな最高のロケーション。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3816-e6ae0d70