2016-05-05 (Thu)

意地悪ニッポン “炎上”主犯は「高収入だけど満たされないオジサン」

未分類

ogdqg.gifP7111059[1]
少しでも気に入らないと、とにかく批判をぶつけ、謝罪と撤回を求める。攻撃の連鎖を呼ぶ「炎上」は、ネット上にあふれかえる。こうした炎上に参加するのは一体どんな人なのか。興味深いリポートがある。「高収入の男性ほど、炎上に参加する確率が高い」「ネット上で嫌な思いをしたことのある人ほど、炎上に参加しがち」など、その内容は意外性に富む。分析をした国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一助教は話す。「約2万人を対象に行った調査の中で、炎上に参加したことがあると答えた人は1.1%。多くの人が参加しているように見える炎上は、ごく一部の人によって引き起こされていた。つまり、ネット上で罵声の嵐に見舞われても、過剰に反応する必要はないのです」
リアルな社会でも、暴言は後を絶たない。滋賀県の吉田清一県議が甲子園に出場する滋賀学園の選手らに対し、学校の送迎バスの止め方を非難して、「おまえらなんか1回戦負けしろ!」と罵ったのも、記憶に新しい。こうした状況について、メディアコンサルタントの境治さんは、「バランス感覚のない人が増えている。一つの組織内にとどまって、閉鎖的なコミュニティーの中で過ごしている人ほど、そうした感覚が弱くなる」と分析する。「相手の気持ちを想像して意見を発するという大前提を忘れてしまうのでしょう」
なぜここまで、ネットもリアルも、イライラを募らせ、相手を容赦なく追いつめる空気が蔓延するのか。福島瑞穂参院議員と『「意地悪」化する日本』を著した思想家の内田樹さんは、「他人が何かを失うことが自分の得点にカウントされるという発想が、意地悪化の根底にある」と話す。「社会が豊かであるほど、意地悪な人が指導力を発揮し、優劣を競う構造になる。炎上させたがる“ネトウヨ”も9割以上が“満たされないオッサン”では。
   *  *  *  *  *  *
「高収入の男性ほど、炎上に参加する確率が高い」という話題を見た時に「そりゃそうだろうねぇ」と思った。貧乏暇なしって言うけど、貧乏人は人のことにかまってる暇ないからね。働いて疲れておしまい。私はブログで黒いつばを吐きまくっているけど、人のブログやツィッターに批判コメントとか一度もしたことない。たま~に私のブログでも批判コメントする人がいるけど、知らない人だし「この人暇なんだなぁ」と思ってすぐ消しちゃいます。
子育て中のママもそんなどころじゃないし、ブラック企業で働く勤労青年もそんな暇あるなら寝たいだろうし。おばちゃんたちは食べ歩きとか巣鴨商店街とかで忙しいし。おじちゃんはパチンコか競馬に没頭。金持ち奥様は御受験とかエステとかブランドとかで頭がいっぱい。残ったのは「金持ちでバランス感覚のない男」という結果。
「他人が何かを失うことが自分の得点にカウントされる」なんてイヤな渡世だねぇ。「社会が豊かであるほど、意地悪な人が指導力を発揮し、優劣を競う構造になる。炎上させたがる“ネトウヨ”も9割以上が“満たされないオッサン”では」ということですが、私の上司もすっごい底意地が悪いです。そこいらのお局様よりたちが悪い。小さくて女々しくて細かくて人の揚げ足とるのが大好きです。この人も批判コメントしてるのかなぁ?
img_247665_63448597_1.gifimg_487188_8146967_0.gif
ドッカーーーーン!!!
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3829-491dec67