2016-05-19 (Thu)

「ひとりひとりが違う」ゆとりでも、おっぱいの前では平等?

未分類

fc2blog_2016051720450156e.gif20160418-00000006-mantan-000-2-view.gif
漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「ゆとりですがなにか」について、「ざっくりひとまとめにされたくないんですが、なにか」的ドラマだと分析。
正和のセリフ。「クズだけどみんな違うクズなんだから! ゆとりなんて言葉でくくらないでください」。これを聞いた時、耳の中に響いてきたSMAPの「世界に一つだけの花」。そうさ 僕らは 世界に一つだけのクズ。ひとりひとりが違うクズ。バブル世代と言われたって、誰もが羽根扇子振り回して、ジュリアナ東京で踊ってたわけじゃない。「◯◯世代」なんて、ざっくりひとまとめにされたくないんですが、なにか、てなドラマ。主人公のひとり、まりぶ(柳楽)は、風俗店の客引きで「おっぱい」を連呼する。「今の気分、おっぱいかおっぱいじゃないかと言ったら、おっぱいじゃないっすか~!」。そう、おっぱいを前にしたら、おっぱいか、おっぱいじゃないかだけ。世代なんて関係ない。ゆとりだろうが、バブルだろうが、団塊だろうが、みんなおっぱいの前では平等だ。
  *  *  *  *  *
私はドラマはほとんど見ない。この「ゆとりですがなにか」は官九郎さんの脚本だし面白いんだろうなとは思っていながら見ていなかった。テレビガイドのストーリーを見ていて興味が湧いて3話と言う中途半端なところから録画した。
やっぱり官九郎さん神だね。面白い。言いたいことがいっぱいあるんだろうな。セリフがギューギューに詰め込まれている感じ。あぁ、1話からちゃと見ていれば良かったと後悔した。
私はバブル世代というやつだ。だけど、バブル全く無縁。誰もが羽根扇子振り回して踊っていた時、私は貧乏アニメーターで寝もせず食べもせず絵を描く生活。テレビを見る時間もなかったので、当時流行った歌とかテレビ番組とかスッポリ抜けている。「バブル世代ですね」と言われても困惑。ホントにざっくりひとまとめにされては困るのだ。
私もクズかクズじゃないかと言えばクズの人だろう。「クズだけどみんな違うクズなんだから!」ってことで、そのへんのグスと一緒にしないでね。
そして、官九郎さんナイス!!o(≧ω≦)oロケ地阿佐ヶ谷!!阿佐ヶ谷駅が出て来てテレビの前で一人で「見て!阿佐ヶ谷!阿佐ヶ谷!」と叫んでいた。松坂桃李君が阿佐ヶ谷南小学校4年2組の担任教師という役柄。授業の中で「阿佐ヶ谷パールセンターで買い物をしました」みたいなセリフがあって思わず吹いた。
柳楽君がさぁ、うちの息子にそっくりなんだよねぇ。なんか息子を見ているみたいで不思議な感じ。キャラじゃないですよ。顔ですよ。おっぱい連呼とかしないですから。
それにしてもさぁ、「みんなおっぱいの前では平等だ」って言うけど、それはどうなのかなぁ。
ゆとりですがなにかドラマあらすじ感想とネタバレやキャスト相関図ゆとりlogo
それにしても岡田君イケメンよね。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3855-3b0d12ec