2017-06-25 (Sun)

「好きなことを仕事にするな」はウソだった?

未分類

デスク机
好きなことを仕事にするのはアリなのかナシなのか…? その答えを探るべく、20~30代の男性「会社員」100人、「自営業・フリーランス」100人の計200人にアンケート調査を実施した!
〈現在、自分の好きなことを仕事にしている?〉
はい 62.5%
いいえ 37.5%
〈「好きなことを仕事にしたこと」について、どう思っている?〉
仕事にしてよかった 92.8%
仕事にすべきではなかった 7.2%
なんと92.8%が「よかった」と答えるという驚きの結果が! こちらは「会社員」と「自営業・フリーランス」の差はなく、ほぼ同じ数値だった。「好きなことは仕事にするものじゃない」は、単なる俗説だったのか…?仕事のモチベーションを大きく左右する“好き”という感覚。あなたは「好きなことを仕事にする」に賛成? それとも反対?
昔から好きなことは仕事にしない方がいい。二番目くらいに好きなことが長続きするなんて言われてました。
私は漫画家になりたかったけど、早めに自分に実力がないことを認めて諦めました。それでアニメのことは何も知らずに絵を描いてお金が貰えるならとアニメーターになったのです。そりゃ、描きたい作品ばかりじゃありません。ロボットとか車とか描くのは苦痛でしたよ。今だから言えるけど、ルパンⅢ世の車のシーンとかクソ適当に描いてました。もはやただの四角い物体みたいな感じで。ロボットもね。取りあえず四角をいっぱい描くみたいな。
動物物の作品は楽しかったです。描いていて幸せで幸せで、自分が描いた生き物がのびのびと駆け回っているのを見ると絵に命を与えたようで最高に楽しかったです。
雑誌の連載も含めたら絵を描いた人生は33年になります。行き当たりばったりの適当人生だったけど、好きなことをしてお金が貰えるというのは最高の報酬なのではないでしょうか。
子供にも孫にも自分の好きなことを仕事にしてHappyな人生を歩んで欲しいと思います。
パラパラスタジオ3
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3861-c246d169