2016-05-28 (Sat)

篠原演芸場行ったどぉ~!!劇団荒城

文化&芸術&芸能

P5213736.gifP5213738.gif
今月も篠原演芸場に行ったわけですが、今月の劇団は「劇団荒城」さんでして、荒城さんは写真をブログやツィッターに載せてはいけないと言うルールがあるということで写真無しです。
篠原演芸場の写真は載せても問題ないと思うので取りあえず表の写真を。
この劇団荒城さんの人気は半端なくて、毎日が大入り満員という感じ。予約の電話を入れたけどどの日も満席で、空いていても後ろの方。私は一番前の席で見たい人なので、「一番前が空いてないなら限りなく前に近い席で空いている席はありますか?」と聞いた。そしたら桟敷の前から3列目だけが空いていると言われて予約した。(でもやっぱ一番前だよなぁ。3列目でも人の頭で舞台が全然見えなかった)
実は今回は娘を引き込んだのだ。人に自分の趣味を押しつけるのは嫌いだが、大衆演劇と言う面白い世界があるということを知って欲しくて一度でいいから見て欲しかった。ただ、人には好みがあって、なんでも見せればいいというものではない。私が産んだ子なわけで娘の好みは分かっている。得にクリエイティブな仕事をしている人には№1のやつをぶつけてこないと「何これ?」と失望されてしまう。そういう意味でも、見せるなら劇団荒城と橘小竜丸劇団(ホントは龍丸君を見せたかったのだけど)だと決めていた。
私は蘭太郎君のファンで蘭ちゃんの花魁を見せたかったのだが、この日は「月太郎君の日」でメインは月ちゃんだった。
子供の成長ってすごいよねぇ。前回見た時よりまた遙かに舞台映えして堂々としていました。娘の感触も上場で「綺麗な人のならまた見てあげてもいい」と言っていた。
そういえば、土曜日には必ずいるというおばちゃんがこの日もいたので挨拶に行った。「おばちゃん、やっぱり来てたね。もしかしてこの席年間予約取ってるの?」と聞くと「そうだよ~。だから必ず土曜日来てるんだよ」と言っていた。な~る。この予約の厳しい状況でも絶対席を確保できているわけね。小竜丸劇団のファンの人は荒城の舞台を見に来ることが多い。きっと高校の先生も来ているだろうなと思ったらやっぱりいた。「先生!!」と声をかけると「ひさしぶり!!」と笑顔。演芸場は芝居を見てショーを見るのも楽しいけど、人情にも出会えるから最高なのよ。大衆演劇を見たことのない方は是非一度ご覧になってみて下さい。
P9192464.gifP9192458.gif
P9192457.gifP9192437.gif
荒城の写真が載せられない変わりに鈴丸姉さんの写真を載せます。鈴丸姉さんは絶対娘のツボにはまる自信あり。小竜丸劇団様東京に戻って来て下さい。待ってます。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3867-9cf34448