2016-07-20 (Wed)

篠原演芸場行ってきたどぉーー!!

文化&芸術&芸能

P7164097.gifP7164087.gif
そして、この鷹志様と龍丸君が深いかかわりがあることを知った。これも何かの因果なんだろうねぇ。
大衆演劇で唯一、突き抜けていると思ったのが小竜丸劇団の龍丸君だった。そして、この鷹志様、なんと昔小竜丸劇団にいた役者さんだったのだ。龍丸君と不仲でやめて行った役者さんいるというのは話しだけは聞いていた。特にそのことに興味もなかったので、どういう役者さんで今何をしているかなど調べる気もなかった。まさか、それが鷹志様とは露知らず、おばちゃんが「この子、あんたが好きだって言ってた小竜丸にいたんだってよ」と教えてくれた。
このブログを見て下さった方も教えてくれていた。いや、本当に驚きだった。
P7164093.gifP7164098.gif
そして、この日、小竜丸劇団の筋金入りのファンのおばちゃんに再会することができた。
ずいぶん久しぶりだ。「お久しぶりです」と再会を喜びあった。大衆演劇の好きなとこはこれだ。顔なじみが出来てバッタリ会った時の嬉しさ。今の日本で薄れてきている義理と人情。そして人間味。一度仲良くなっただけで劇場で会ったら顔馴染みなのだ。
写真はラストショーの「高田の馬場」だ。これを見られて本当にラッキー。有名な演目だけど一度も見たことなかったんだよねぇ。いや~、面白かった。瞬きするのももったいないくらい素晴らしいエンターティメントでありました。
P7164099.gifP7164100.gif
この日のお芝居「ひとすじの光」も良かったです。本当は笑わせる芝居じゃないんですけどね。座長のお父様が根っからのお笑い好きなんでしょうね。真剣なシーンなのに舞台の隅でコチョコチョと小芝居をするんです。客はどうしてもそのお父様のギャグに目を奪われてしまい、笑いっぱなし。こんなに笑ったのは久しぶりだなぁってくらいムチャクチャ笑わせて貰いました。劇団さんによっては「この話しどこまで続くの?」ってくらいグダグダのものもあります。でも、この劇団はいつまでも芝居を見ていたいと思わせてくれる珍しい劇団さんでした。大衆演劇の神髄だよね。
踊って良し、芝居も良し、まさに劇団の鏡。
P7164109.gifP7164102.gif
いろいろな劇団さんを見て来て、小竜丸劇団を見た時のような衝撃はなかったけど、今回は鷹志様を発見できたことはお宝を見つけた気分だし。お客をとことん楽しませようとする座長の姿に感動した。少々停滞気味だったシナリオを作成にもやる気が蘇って参りましたよ。やっぱり大衆演劇最高。この大衆演劇の灯を決して消してはならないと改めて心に誓いました。
あぁ・・早起きがなかったら千秋楽まで毎日通うのに。私はいけないけど、どうぞ一人でも多くの方が足を運んでくださるようにお願い申し上げます。この劇団のお芝居にハズレはありません。絶対面白いです。
送り出しでおうじ様に握手して貰った。温かい手だったなぁ。おばちゃんこれだけで1年くらい寿命が延びた気がする。スキップしながら十条駅に向かったよ。
P7164111.gifP7164063.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3909-46046514