2016-08-23 (Tue)

奇跡のバカ親子がシンゴジラ観たどぉ~!注・ネタバレ

シナリオ&映画&ドラマ

main_20160822195151bef.gifimg_umihotaru_160620.gif
この日は娘とアートアクアリウム展に行く約束をしていた。約束場所で落ち合うと、「今日さ、シンゴジラ観に行こう。チケット買ってあるから」「あんたゴジラに興味なんかあったっけ?」と言うと、翌日からシンゴジラのフィギアの仕事に入るので、参考に観たいらしい。映画館で映画なんて何年ぶりだろうか。しかし、今時の若者がゴジラなんか観るのかねぇ?と思っていたら、館内はほぼ埋まっている。なかなかの入りである。
そして、奇跡のバカ親子の映画鑑賞がはじまった。東京湾からゴジラ登場!と言うかキモくてグロい生物登場。「えっ?これゴジラ?」「ちがうよ。怪獣だよ。きっとゴジラと戦うんだよ」「これってゴジラと怪獣が戦う映画なの?」「たぶん・・」全くストーリーを知らずに見るバカ親子。
全然違います。ゴジラと怪獣が戦う映画ではありませんので。庵野さんが関わっただけあって、まさに「シン」という言葉がふさわしいゴジラでした。全身からビームムチャクチャ出している。「東京全滅だし絶対全員死んでるよ」と娘。「いや、昔から主役は死なないことになってる。当たらないんだよ」
自衛隊が登場。あの懐かしいゴジラのBGMが・・・・。やっぱこれだよねぇ。たまらん。最高だ。しかし、娘は「この曲聞くとクレヨンしんちゃん思い出すんだよね」いや・・ゴジラが本家ですから。
この時、気が付いた。私が自衛隊が好きなのは刷り込みではないのか?小さい頃見たゴジラで自衛隊が活躍するのを見て格好いいと幼心に思っていたのかもしれない。陸海空が総攻撃でゴジラを倒そうとする。高層ビルによって倒され身動きがとれなくなるゴジラ。「ゴジラ可愛そう・・」「これってイジめじゃん」
自衛隊のヘリとか戦車が出てくるたびに興奮する私。「お母さん、好きだもんね」そう。これだけでも十分楽しめた映画だった。昔のゴジラと比べたり賛否両論あるかもしれませんが、私はこれはこれですごく面白かったです。庵野さんが楽しんで作ってるんだなぁというのがヒシヒシと感じた。
固まったままのゴジラ。「なんで壊さないの?また動くかもしれないじゃん」「こなごなにしなくちゃダメじゃん」・・・。そうなんです。いかにもシンゴジラ2を作る気満々の落ちなのでした。
CX2FQnBUQAAnlua.gifimg_map.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3939-002959a4