2016-10-30 (Sun)

フーテンのまゆ・函館一人旅⑩

旅&おでかけ

P9244803.gifP9244804.gif
東京はどえらい天気が悪いらしいが、こちらは快晴でございます。
そういえば、以前雑誌の連載をやっていて取材で地方のビジネスホテルを利用した時にもあったんだけどね。デリヘル呼ぶのやめてくれる。四国に時は出張らしき殿方。今回のお隣は観光なのか出張なのか不明。一人部屋のビジネスホテルなのに思い切り聞こえるんだよね。メチャクチャ気分悪い。四国の時は部屋番号を間違えたギャルが私の部屋を何度もノックして困った。
レディスだけの階のあるビジネスホテルがあったけど、あれはとてもいいです。酔っぱらって大声で廊下で騒ぐオッサンとかいないし。ホントに気持ち悪いからやめてほしい。
P9244805.gifP9244807.gif
3日目。またまたノープランでホテルを出る。うーーーーん。どこに行こうか。乗った市電が谷地頭行きだったので、谷地頭に行こう。
谷地頭に行きますと、立待岬、碧血碑、函館八幡宮がある。終点で降りてとりあえず歩く。地図がわからない。自分が歩いている方向があっているのか不安。
しばらく歩いていくと行き止まりになってしまった。こんなところに立待岬があるの?と、そこにおばちゃん発見。「すみません。立待岬はこの先ですか?」と聞くと「道が違うねぇ。この向こう側の道だよ」と教えてくれた。やっぱり道間違えた。
P9244808.gifP9244813.gif
私、この3日間どれだけ坂を上って来ただろう。すごい高台まで来た。
最初この立待岬の石像がみつけられずにウロウロしていた。女一人で挙動不審な感じで岬をウロウロ。観光客の人が警戒している。イヤ・・あの・・私、自殺志願者じゃありませんから。大丈夫ですから。
そこにいた家族連れの人が心配したのか「写真撮りましょうか?」と優しく声をかけてくれた。マジで私自分の容姿が嫌いなので写真撮らなくていいんだけど。せっかくのご厚意を断れるわけもなく、満面の笑みで「ありがとうございます」とカメラを渡していた。
P9244814.gifP9244815.gif
こんなところまで登っていた。町が一望できる。私ってば、まだまだ体力あるじゃんと改めて感心した。
しかし、ここから更にきつい山道を歩くことになる。
P9244819.gifP9234800.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3966-7f37cefd