2016-10-15 (Sat)

田園ハンターひと刈りいこうぜ!!

農業&ガーデニング

PA085003.gifPA085004.gif
稲刈りを終えて東田中田園都市センターでお着換えをしてJA新ひたち野本店に向かいました。
こちらでJAの皆さんがお昼を用意して下さっているのてす。たいした労働もしていないのに申し訳ございません。でも、ご馳走が食べられるのを承知しておりましたので朝から何も食べておりません。すごい空腹なんですぅ。
おにぎりが一番の楽しみ。やっぱ日本人は握り飯だろ。そして今収穫真っ盛りのサツマイモちゃんです。私の一番好きな食材サツマイモ。大学芋だぞぉ!山盛りにお皿にのせてしまった。
PA085005.gifPA085006.gif
穂の香卵はお米を食べているので卵の黄身がレモンイエローなんです。このブログでも何度も言ってますが、消費者の皆さんは卵の黄身が濃いと良い卵と思い込んでいますよね。卵の黄身は餌で濃くすることができるので赤パプリカ、マリーゴールド、唐辛子などを食べさせて濃い黄色にしているのです。騙されてはいけませんよ。穂の香卵の弱点はこの黄身の色です。卵焼きにすると白い卵焼きになってしまうのです。卵焼き=黄色という先入観があるので敬遠されてしまいがち。上の写真の茶碗蒸しは真っ白でしょ。杏仁豆腐みたいできれい。そしてとっても美味しかったです。
PA085011.gifPA085018.gif
養鶏場の見学に行きました。この日は本当にラッキーで稲刈りの時も雨にあたらず、食事しているときも降られず、食後、倉庫の中で卵の学習をしているときに豪雨になり雷もなってました。養鶏場に行きを心配しましたが、なぜか養鶏場に着いた頃には雨が止んだ。結局一日傘の出番無し。
佐藤さんがいつものように卵のお話をしてくださいました。若い鶏さんは上手に卵を産めないので極端に大きいものや殻が完成されていないものなどもまれに出てきます。右上が水風船のような卵です。前回もこれを頂いてかえって家に帰って食べました。中身は普通に卵です。大きな卵も頂いてきました。さてさて中身はどうなっているかな?次回のお愉しみ。水風船卵を3つ頂いてきたのだけど割れないようにタオルでくるんで持って来たけど、家に帰って開いてみたら一つ割れてしまっていた。やっぱりもろいんだね。他の2つは無事だった。
休耕田を利用して飼料米を作る。循環型養鶏です。輸入飼料に頼らない畜産を目指しています。皆さんも是非、穂の香米をご賞味ください。卵特有の臭みが苦手で卵かけごはんは白身を抜かないと食べられない私。その私が、唯一白身と一緒にご飯にかけて食べられるのが穂の香卵です。全く臭みがなくて優しい味なんです。みんな注文してね
PA085019.gifPA085017.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3976-bf21ae08