2016-11-08 (Tue)

立川けやき座荒城祭りじゃーーーー!!!

文化&芸術&芸能

PB065269.gifPB055211.gif
一人でも多くの大衆演劇ファンを増やしたい。それも若人を。手っ取り早く近くにいたのが娘である。なんとか大衆演劇の世界に引きずり込んでやろうと画策していた。そこで、闇金ウシジマ君の洗脳方式で虜にしようと計画を企てたのである。娘のことは赤ちゃんの時から知っている。なんでだろう?あっ、私が産んだからだぁ。当然、この子のハートを掴むものもお見通しなのだ。「フッ、荒城を見せたら間違いないね」
「騙されたと思って一度見てご覧よ」と篠原に来た時に見せた。そして、「木馬に荒城来るよ」とメールを送ったら遂に山が動いたわけよ。「行きたい」と返事が。それから怒涛のごとく荒城にどっぷりハマった娘。365日仕事の鬼の女が「立川は行ける限り全部行く」と言って指定席取りまくった。そして、5日の公演。私は仕事で昼の部は見られなかったが娘は昼夜観劇。
夜の部の前にジョナサンで落ち合って食事した。聞くと「前売り券10枚買った」と言うではないか。それで貰ったのがクリアファイル。私も前から欲しかったやつ。「お前すげーな」と言うと「当たり前じゃん。とにかく見るんだから」と不敵な笑みを浮かべた。
更に夜の部で前売りを6枚買った娘。母でさえ前売り券と言うものを買ったことがないのだ。「前売りとDVDで3万も使っちゃった」ぴゃ~!!母、負けたでござる。
夜の部のお芝居「お花の恋」は良かったなぁ。大衆演劇版「ブリジットジョーンズの日記」だった。娘は涙腺のゆるい子なのでしゃくりあげて泣いていた。良いお客だ。やっぱり役者さんは見て感動してくれるお客さんの反応は嬉しいよね。私は3年通っているけど泣いたのは一度だけだ。娘は「お母さんは鬼だ」と言う。
んで、芝居のあとで前売り券を売っていたのだが、月ちゃんと蘭ちゃんが売りに歩いていた。「月ちゃんから買え!!!」と私が言うと祐馬さんから買った。「バカたれ!なんで月ちゃんから買わないんだよ!」と怒ると「だって、泣いた顔を見られたくないから」と言った。・・・・・フッ・・・そういうことね。日本女性の奥ゆかしさ。女子力。私にないものはそれだ。
というわけで、いつものことですが、荒城は写真を載せられないので美しい勘ちゃん、蘭ちゃん、月ちゃんをご覧頂けないのが誠に残念です。載せる写真がないので帰りに寄ったお店のケーキセットの写真載せておきます。
気になる方は是非、けやき座に公演を見に来て下さい。ヨロピク。
PB055230.gifPB055268.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3990-86cc9b9d