2017-03-21 (Tue)

若手アニメーターの53%「家族の経済的援助を受けている」支援団体が調査

アニメ

ハッチ
若手アニメーターの支援活動をおこなっている団体が、経験年数3年以内のアニメーターを対象にした生活実態調査をおこなったところ、回答した153人のうち半数以上が、家族から何らかの経済的援助を受けて働いていることがわかった。この調査は、NPO法人「若年層のアニメ制作者を応援する会」が、労働条件や居住形態、奨学金の返済状況などについて、インターネットを通じておこなった。回答者数は153人。居住形態について、「実家暮らし」と回答した人は全体の35%だった。「実家暮らしでない」と回答した人のうち31%(全体の18%)は、実家から仕送りを受けていたことから、全体の半数以上になる53%が、家族からの何らかの経済的援助のもとで働いている。若手アニメーターの労働環境は厳しく、アニメーターなどでつくる業界団体「日本アニメーター・演出協会」が2015年4月に発表した「実態調査報告書 2015」によると、若手アニメーターが担当することが多いとされる職種「動画」の平均年収が「111.3万円」だった。
  *  *  *  *  *  * 
これほど進歩のない業界って珍しいよね。この記事読んで笑っちゃった。30年前とちっとも変ってないじゃん。何かのニュースでアニメーター、「平均年収332万円」て載ってたけどウソウソ、そんなに貰ってるわけないじゃん。上記の平均年収が111.3万円が正解だよ。
私が最初いた下請けのスタジオにいた絵描きは、みんな実家暮らし。23歳のいい大人の男なのに全く描けなくて収入がなく、3万とか交通費(自腹)を稼ぐのがやっと親や姉弟にお小遣いを貰っているという始末でした。
田舎から出てきて一人暮らししていた女の子も実家からの仕送りで生活していると言っていた。結局、みんな先が見えなくて辞めて行きましたね。
まぁ、そんな中で、一人暮らしの後、子ども食わして28年もアニメーターやってた私って結構やるじゃんと思った。とにかく生きていくために描いて描いてひたすら描いてました。おかげで体はボロボロですわ。
知り合いのお子さんがアニメーターになりたいと言っていると言うのを聞いて全力で止めた。「絶対、阻止するように。アニメーターになんかなったら貧乏で体壊すだけだから」と言ったけど、結局なってしまったらしい。まぁ、取り合えず現場に行って仕事しないと現実が分からないよね。それで挫折するかしないか後は本人の意思に任せるしかない。
ハッチママ
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4021-376e3373