2017-01-30 (Mon)

映画のはしごで気合入れる

シナリオ&映画&ドラマ

IMG_0400.gifIMG_0403.gif
私は年に何度か必ず落ち込む時がある。それはコンクールに落選した時だ。何も考えていない奇跡のバカと呼ばれた私がズタボロに落ち込む。自分の中では最高傑作を書いたという無駄な自信があるから落ち込みはハンパない。娘に言えば「どうせ無駄なんだからシナリオ書くのやめなよ」と言われるのが関の山だから言わない。
今回はその傷口に塩を塗るような出来事が続いてハイレベルな落ち込みになった。知り合いにミソクソ言われり、この人は絶対間違いないと信じていた鷹志様に失望した事件もあった。自分もヘタレだし人も信じられない。土日休みだけど何もしたくない。家に引きこもっていよう。
いや待てよ・・・。この調子で2日間家に引きこもっていたら更に自己嫌悪に陥るぞ。そんなの私じゃない。くそっ映画を観に行ってやる。休みの日に早起きするの嫌い。休みの日に化粧するの嫌い。しかし、私は起きる!!
新宿ピカデリーは8時オープンだ。8時20分の「君の名は。」を観る。こんな時間ですから空いてます。余裕で好きな場所で観られました。「君の名は。」を観て次は7階へ移動。「この世界の片隅に」を観る。映画のはしごだぜ。
こちらはさすがに満席。朝いちで座席表を見たら空いているのは1列目と2列目だけだった。開場時間には満席になっていた。恐ろしいことに最前列で観た。首がおかしくなりそうだったけど作品が素晴らしかったので鑑賞することができただけでも感謝です。
「君の名は。」は10代の子が観るとガツンと来るでしょうね。同僚の息子さんも2度観に行ったと言ってたし。「この世界の片隅に」は主人公の声を担当したのんさんがパーフェクトでした。ぼんやりした性格の北條すずに本当に魂が宿っている錯覚に陥った。おっとりぼんやりさんな人でさえも戦争は、叫ばせてしまう、声を荒げてしまう。見事に演じていました。
この映画はクラウドファンディング発の映画ということで、エンディングにクラウドファンディングに協力してくれた方々の名前が流れます。本編で泣かなかったのにここで涙が止まらなかった。ヒットの見込みのある人気漫画の実写化・アニメ化。大人の事情なのでしょうが、映画ってそんなじゃないよねぁ。エンディングに流れる人々の名前を見て、この映画を作ってほしいという大勢の人の声が聞こえてくるようでした。瀬戸内寂聴先生は「目に見えない大切なものに心の目を向けるべきなのです」と言う。そういうことなのだ。目には見えないけど応援している人の熱意がムチャクチャ伝わってくる。「頑張れ」「いい作品作って」声が聞こえる。そしたら涙が止まらなくなった。こういう映画が増えるといい。私もそういう作品を書きたい。
ヨッシャー!!気合入ったぜ!!全然負けないから。自分に負けたらおしまいだ。また明日から書こう。
IMG_0401.gifIMG_0406.gif
                             ドラゴンボールスタンプラリー新宿はヤシロベー。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4025-1260c8f0