2017-01-10 (Tue)

今年一発目のやっちまった事件簿

未分類

仙台四郎と仙台幸子。これが分かるのは宮城県の人だけかも。
P1076044.gifP1076043.gif
私は親父の血を引くリーサルウェポンである。これまで様々な伝説を残してきた。そして、金メダル級のおっちょこちょいでもある。正月早々やらかした。
仕事が終わって家に向かう。カバンのポッケを探る。「鍵・・・家の鍵・・・」んんんんんんん。「鍵がない」
家のドアの前でカバンをひっくり返してみる。ないものはない。家に入れません・・・・。
とにかく娘に電話「あのぅ・・・お母さんなんですがぁ~。か・・鍵がなくて家に入れませ~ん」娘「あ゛あ゛あ゛~?」私「これから鍵を借りに行っていいでしょうか?」娘「別にいいけど駅まで持っていくよ」
タクシーを拾って娘の最寄り駅の近くへ。丁度娘の会社の前で降りられた。「お母さんですがぁ~会社の前にいますぅ」娘「はぁ?じゃ今行く」ビルから出てきた娘。呆れている。娘のアパートに行き鍵を借りる。トボトボと駅に向かう。新宿から一応丸の内線に乗ってみる。もしも落としたとすれば定期を出した時に鍵が引っかかって落ちたのだと思う。ウォークマンで音楽を聴いているので気づかなかった可能性がある。駅で落とし物を聞いてみよう。南阿佐ヶ谷に到着。駅員さんに鍵の落とし物を聞いてみる。「何時頃ですか?」「朝、6時頃です」「鍵に何かついてますか?」と聞かれた。仙台四郎と仙台幸子のキーホルダーが付いているのだが、言っても分かんねぇだろなぁ。「いろいろガチャガチャついてます」と言っておいた。池袋方面の駅員さんに電話すると「鍵の落とし物はあるそうなので反対側へ行って聞いて見て下さい」と。行ってみると「これですか?」と見せられたのはまぎれもなく私の鍵であった。「こここここれです!!ありがとうございます!!」涙が出そうだった。なぜなら仙台幸子のキーホルダーは手に入らない貴重なものなのだ。
タクシー代2000円かけて娘のところまで行かずとも駅にあった。トホホである。余談ですがタクシーの運転手さんと話していたら、「お客さんを乗せる前のお客さんが小さな子供を連れた女の人でね。離婚してお金がない。宮前の実家に帰るけど4900円しかお金がないから4900円のとこで降ろしてくれって言うんですよ。あんまり気の毒で4500円のとこでメーター止めて家の前まで送ってあげました」と言う。「運転手さん良い人だねぇ。この世知辛い世の中で人情があるなぁ。運転手さん今年はきっといいことがありますよ」というと照れていた。「それに比べて私なんか正月早々鍵を落として娘のとこに行くなんてホントにダメ親なもんで」と言うと「駅まで鍵を持ってきてくれるいいお嬢さんじゃないですか」と言われた。娘よ、母は今年も何をやらかすか分からないが死なない程度に気を付けます。ヨロピク。テヘペロ。\(//∇//)\
P1076045.gifP1076046.gif
彼から貰った指輪。嘘。息子が体験授業で作ってくれたもの。無駄にタクシーに乗ったが、私は運転手さんと話しをするのが好きだ。良い話が聞けるから。
スポンサーサイト


Comment

そのタクシーの運転手の話しを聞けただけでも2000円の価値はあったと思いますよ(^^
  • やべっち #-
  • URL
  • 2017-01-10(Tue) 16:39:29
  • Edit

>今年一発目のやっちまった事件簿

滅多にタクシーに乗らないけどね。だいたい運転手さんから面白い話が聞けるんだ。シナリオのネタになる時もある。
  • おだまゆみ #-
  • URL
  • 2017-01-10(Tue) 17:38:57
  • Edit

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4039-cc34340d