2017-02-13 (Mon)

篠原演芸場行ったどぉ~!お客様は神様でなくていいのです

文化&芸術&芸能

IMG_0504.gif
平日の金曜日。仕事の帰りに篠原演芸場に行く。明日は早起きじゃないから大丈夫なのさ。
予約席取っているのに早く着きすぎてまだ中に入れない。さぶい・・・雪が降って来た・・オイオイ。
開場時間になり劇場に入れた。ホッ。
予約の料金を払って座ろうとしたら、ななななんと座長さんがお盆を持っている。そして私にお茶をくれた。
座長さんがお茶を。ありがたやありがたや。年老いた私などに・・・。
IMG_0503.gif
なんかもったいなくて飲めない。でも、私はドジなのですぐに飲まないとこぼす確率が120%くらい。仕方なく頂く。あぁ、イケメンの若座長に入れて頂いたお茶を飲んだら3年くらい長生きできる気がする。
開演ギリギリまで座長さんと役者さんがお茶を配っていた。私は生真面目な人が好きだ。どうしても役者さんは生真面目な人を好きになる。小祐司座長も芝居も舞踊も生真面目さがにじみ出ている。
IMG_0538.gifIMG_0534.gif
この3年間、いろいろな劇団さんを拝見してきた。お客さんの話しを聞いたり、センターの人の話しを聞いたり、見るもの全て聞くこと全てがシナリオの役に立つのだ。
劇団さんを見ても実に面白い。すごく人気があって天狗になっている劇団さんはすぐにわかる。ファンの人は夢中になっているから理性がなくなってしまっているのかもしれないけど、私は無知のまま見ているのでストレートに眼に入って来るのだ。
努力しなくてもいつも客席は埋まり大入り。だから頑張らない。舞踊も惰性で踊っているが分かる。だけどお客さんたちはキャーキャーと悲鳴を上げている。なんとも不思議な光景だ。
とても人気のある劇団さんだが、私はその姿勢が好きではないと思った。
IMG_0533.gifIMG_0520.gif
それから数年後、その劇団さんを再び観る機会があった。そしたら座長も別人みたいになって腰が低くなっていた。どこで何があったか知らないが天狗の鼻をへし折られたのは確かなようだ。
別にお客様を神様と思わなくていいと思う。だけど、木戸銭貰っている限り役者としてのプライドを持ってほしい。真摯に舞台を務めれば観ている人はちゃんと観て評価してくれる。そして応援してくれるのだ。小祐司座長と翔也副座長にはその心を忘れないでほしいですね。私はお二人の頑張りを応援したいと思ってます。まだまだ2月の公演はあります。頑張って!!
IMG_0526.gifIMG_0529.gif
IMG_0527.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4068-0e3bad19