2017-04-27 (Thu)

日本は恋愛映画ばかり…海外映画祭プログラマーがばっさり

シナリオ&映画&ドラマ

私の好きな映画1位プレイス・イン・ザ・ハート。2位リトルダンサー。
img_1183176_62991857_0.gif4750001058_09_LZZZZZZZ.gif
オランダで開催された第46回ロッテルダム国際映画祭でプログラマーを務めたジュリアン・ロスが、日本作品のセレクションのポイントと印象について語った。約1年間で250~300作品を鑑賞したというジュリアンは「正直、日本の若手作家の作品のほとんどがかなり普通の恋愛映画だった。もう一つ担当しているフィリピンの方が製作本数こそ少ないが、多様な映像表現を見ることができた」と厳しい声を寄せた。「日本の映画産業の規模は大きいですが、描いている世界は狭い。日本の監督たちも海外へ出れば視野が広がるでしょうし、少なくとも同じような作品は少なくなるのではないでしょうか? まず世界を目指すのであれば、製作委員方式やタレント主導の作品ではなく、何を描くのか作品の中身そのものに集中すべきだと思います」。
  *  *  *  *  *  *
ありがとう ジュリアン・ロスさん。そうなのよ。日本の映画の一番変えなければいけないとこはタレント主導というとこ。作品ありきの前にまず一番旬なタレントを起用することから始めてしまうのがアウト。
ハリウッドみたいに無名・新人・ベテランとか関係なく役柄重視でオーディションするべき。無名の人の中にすごいお宝がいるのかもしれないのに埋もれてしまうのは残念。全ての人にチャンスを与えてあげてほしい。
恋愛映画が良くないとは思っていませんが、昔から恋愛映画にはあまり興味がない。コメディやヒューマンドラマが好きなので偏って観てしまう。最近はあまり興味がなくてもなんでも観るように努力してます。
私は自分のシナリオの映画化のために日々格闘しております。これまで30本くらい書いてきたけど、よくよく見てみたら恋愛ものは1本でした。物語の中に恋も入っているというのはあっても完全に恋愛ものというのは1本。
大衆演劇、サムライ、大部屋俳優、忍者、農業、ご当地、シャッター商店街、樹木葬etc書いているテーマがどうもウケが悪いようです。今、流行っているものや注目されているキーワードをテーマに書けばいいのでしょうが、私は逆にみんなが注目していないものにスポットライトを当てたいんです。みんなは知らないこんな世界もあるんだよと言うのを知って貰いたいから。
等身大のものを書かないと無理がある。ボロも出る。だから恋愛ものは無理。今の私で言えば、最後の悪あがきをしている弱い立場の人たちを書きたい。もちろん最後はハッピーエンドでね。
ライターにもチャンスを与えてほしいです。WOWOWのシナリオコンクールは今年は年齢制限をつけて来た。フジテレビは昔からだったけど。そんな了見の狭いことやってるから、よその局に後れを取るんだよ。チャンスの国アメリカみたいにチャンスの国日本になってほしいものです。
E38381E383A3E38383E38397E383AAE383B302_blg-2b839.gif20091001_2636792.gif
チャップリンの映画は全部好き。         唯一好きなラブストーリィ。これだけは譲れない。
スポンサーサイト


Comment

>日本は恋愛映画ばかり…海外映画祭プログラマーがばっさり

農業も忍びも樹木葬も、最近注目されてます。一歩先でなく三歩先行くまゆみさん。近々絶対に歩調がピシャリと合う時が来るでしょう。

日本の映画界は興業成績先に有りで売れっ子役者さん使ってますが、こけると制作サイドよりも役者がバッシングされてます。うっうっう。私の一押しさんも・・・・涙
  • がじらまま #-
  • URL
  • 2017-04-27(Thu) 11:45:58
  • Edit

>日本は恋愛映画ばかり…海外映画祭プログラマーがばっさり

ガジラママさんの一押しって誰でしたっけ?興味ある。日本は恐ろしいですよね。客がお腹いっぱいになるまで使って、飽きられて映画やドラマがコケるとフルボッコですもんね。菅田将暉君が心配。元仮面ライダーの福士蒼汰君もすっかり影を潜めてしまったし。
  • - #-
  • URL
  • 2017-04-27(Thu) 16:50:28
  • Edit

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4078-58f0846e