2017-04-20 (Thu)

mission9・少女漫画から大衆演劇まで・・再びミッション遂行これは使命なのだ

シナリオ&映画&ドラマ

IMG_0538.gifIMG_0551.gif
この後も劇団の女の子と鷹志君のやり取りとかあからさまに出ているのを見て完全に萎えた。クソ真面目だと思ってたんだけどなぁ。もっと身持ちの堅い男だと信じていたのだが、かいかぶり過ぎたのかなぁ。とても残念だ。
クリスマスにあんなにはしゃいでいた自分が恥ずかしくなった。BBAが何やってんだ。哀れなり。Twitterのコメントも削除した。
ファンの心理というのはこういうこと。昨日までキャーキャー言ってても、次の日は萎えてしまうこともある。福山雅治さんだって、結婚した途端に潮が引くようにファンが離れた。ドラマはコケ。映画もコケた。多分、一番驚いたのは本人だと思う。どこかで自分の人気は不動なものと思い込んでいたと思う。女心と秋の空とはよく言ったものだ。
これが知り合いとか付き合っている男だといざこざがあるが、全く面識のない相手だものシレっと悪びれることもなくサヨナラできるのだ。
1月は落ち込んだ。畳みかけるようにイヤなことが続く。鷹志君のこと、自信を持っていたコンクールに落選したこと、面倒くさい友人の嫌がらせ。ハンマーで頭を叩かれて泥の中に押し込まれているような感覚。
いくら奇跡のバカでスーパーポジティブな私でもこのまま這いあがれないかもしれないと自信喪失に・・・。
1月は正月早々から劇団荒城を観劇。篠原で一見劇団を観劇。木馬館で橘大五郎さんを観劇。大衆演劇祭りだった。楽しかったけど・・・私のモチベーションはゼロのままだ。
そして、2月の篠原。新喜楽座初めて観る劇団さんだ。あまり期待すると帰りが寂しいので落ち着いて観よう。
って、座長が登場した瞬間瞳孔開いた。おなじみの01.秒がやってきました。
「ま・・・まぶしい・・・。神々しい。気高いというかこの気品はなんなんだ。これまで観たことのない役者さんだ」
八百万の神々の皆様、こんな単純な私をこの世に送り出して下さってありがとうございます。テンションの針が振り切れちやって吹っ飛んでしまいました。
IMG_0738.gifIMG_0697.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4117-0bc4a9d3