2017-06-28 (Wed)

浅草木馬館劇団美松・俺の背中について来い!!

文化&芸術&芸能

IMG_3800.gifIMG_3804.gif
昼夜娘も観劇していて、「舞台に上がるなんて体験は滅多に出来るもんじゃない。あんたも上がりなさい」と娘に言うと「一人じゃやだ。お母さんが行くなら行く」と言う。そして、娘の同僚のA君も前日に誘っていたのだ。「明日は座長の公開化粧があるからおいでよ」A君大変素直な青年なのでホントに夜の部に来た。
「A君も舞台に上がりなよ」と言うと「お母さんが行くなら行きます」と言う。ヨッシャー「じゃ、俺の背中について来い!!」<(`^´)>と言うと「はい」と素直な返事。
IMG_3806.gifIMG_3809.gif
宇宙の時間を考えたら人間の一生など一瞬なのである。この一瞬の時にどれだけ面白いことが出来るか、観られるか、それは自分自身にかかっている。ボケっと家にいて面白いことが向こうからやって来るわけがない。
人は五感以外に六感目(シックスセンス)があるらしい。それをフルに使って、アンテナを張って、自らそちらに出向いて行くのだ。そこには必ず何か得るものがある。
IMG_3811.gifIMG_3825.gif
ご覧ください。こちらが完成したお姿です。
この公開化粧を観られただけでも今年一年分のラッキーを得た気がする。
IMG_3824.gifIMG_3849.gif
ラストショーは「武蔵と小次郎」
なのですが、翔也君がauのCM「三太郎」シリーズの松田翔太さん演じる桃太郎にしか見えないと言っていた。確かに・・・見える。この際、次回はauのCM「三太郎」シリーズに変更したらどうだ。小祐司座長桃太郎、翔也君浦島太郎、歩夢君金太郎?
IMG_3861.gifIMG_3869.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4207-46b72a83