2017-08-09 (Wed)

劇団美松贔屓ですが何か?【オンリーワンの役者】

文化&芸術&芸能

IMG_2641.gifIMG_3134.gif
私の希望の星だった龍丸君が休団と知った時のショックは大きかった。せっかくみつけた希望の星が・・・。
彼は大衆演劇という枠から飛び出して更に高みを目指したのだ。最初の2本のミュージカルは拝見したが、やっぱり私が好きなのは大衆演劇であって、突き抜けた女形の美しさと才能を持った小竜丸劇団の橘龍丸座長だ。着物を着て鬘をかぶっていない龍丸君は別世界の人になってしまった。
小祐司座長の伸び代の話しを書いたが、彼はあらゆるジャンルの作品を取り入れている。「美女と野獣」「エリザベート」「ベルサイユのばら」「もののけ姫」「アテルイ」「五右衛門ロック」etc
「エリザベート」のトートの役なんて到底やりたいと思って出来るものではない。ミュージカル界のプリンス井上芳雄&浦井健治&山崎育三郎。彼らと肩を並べることは並大抵の努力では出来ない。
だけど、小祐司座長は大衆演劇を辞めずともベルにもなれるしトートにもなれる。ストイックな座長だから役をする努力を惜しまない。やりたい役を思う存分やっちゃってほしい。
昔ながらの大衆演劇贔屓の方はこのような新しいことをすると眉をひそめる。「こんなもの木馬館でやるなんて」
いやいや、歌舞伎だってワンピースとかやるんだよ。時代に合わせて新しいことを取り入れることは自然なことだと思う。頭の固い外野が野次を飛ばしても小祐司座長はじゃんじゃんチャレンジしてもらいたい。
それに大衆演劇界広しと言えども、これだけのジャンルの役を出来るのは小祐司座長ただ一人オンリーワンだ。
私としてはガンダムとか仮面ライダーとか戦隊ものとか観てみたい。「小祐司行きまーーす!!」とか。さすがにこれは無理だと思うけどね。それでもモーレツに観てみたい。
ちなみに息子が置いて行ったコスプレいっぱいあります。ご利用の際は是非。
IMG_2528.gifIMG_3978.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4218-23f280e7