2017-07-17 (Mon)

劇団美松・茂美の湯もさく座・いつの日か取材させて下さい

文化&芸術&芸能

IMG_4431.gifIMG_4443.gif
食事会は小祐司座長とはまともにお話しできなかった。( *´艸`)短い時間だけど座員の皆様のお話しを聞くことが出来て大変勉強になりました。詳しいことは書けませんが、空気を吸うように自然に舞台を務めているように見える座員の皆様もいろいろと思うところがあるのを知りました。
もっとたくさんお話しを聞きたい。出来ることなら取材したいくらいです。やっぱりナマの声が一番大事。想像やイマジネーションじゃ陳腐な話しにしかならない。
みなさん個性的で魅力的な劇団だと思って観ていたけど、お話しさせて頂いて更に大好きになりました。特に旗さんにいろいろお話しを伺いたかったです。いつかメジャーになる日が来たら必ず。
IMG_4436.gifIMG_4448.gif
9日の昼の部の芝居は「決戦日朝河原喧嘩安」これも何回観ても好きな芝居です。何しろ小祐司座長が男前なのである。決戦場に走る場面の躍動感。幟端を持って走る芝居が素晴らしい。
と、底なしの体力の持ち主の小祐司座長が脱臼で全治3週間ということです。私が推測するに下駄タップでやられたのではないかと・・・。立川で拝見した時もすごい無茶な体制だと思ってました。木馬の時はさすがの座長も倒れ込んで「救急車を呼んでくれ」と言ってましたから。無理をなさらないでしっかりと治して下さい。
IMG_4452.gifIMG_4424.gif
この茂美の湯のすごいところは露天風呂がついているお部屋があること。「やったぜ、最高!!」とはしゃいでいる場合ではなかった。この日は9日。20日締め切りの映画祭のシナリオまだ終わってないんだよ~。ぴゃ~!!ヤバイ!
んなわけで、観劇以外の時間はひたすらシナリオの手直しをしてました。私はパソコンでシナリオを書くので印刷したものを持って来て赤ペンで書くという超アナログな作業。
IMG_4342.gifIMG_4425.gif
「なんか無理かもしれない・・」弱気になりつつも、このシナリオは設定が決まっているので、他のコンクールに出せない。これを外すと来年の7月まで送れない。意地でも終わらせないと。修正に修正を重ねてギリギリ間に合いました。
昔から締め切り間に合わなかったことないからね。やる時はやる女なのよ。ふぉふぉふぉ。
左下の写真はストロベリームーンですぞ。茂美の湯から帰宅してベランダに出て満月を見たら真っ赤なストロベリームーン。先月のは赤く撮れなかったけど、今回は本物のストロベリームーンです。皆様の恋が叶いますように・・・。
そして、私のシナリオよ。お前は私の分身だ。函館に行って思う存分戦って来るのじゃ!エイエイオー!
IMG_4469.gifIMG_4476.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/4225-5a594adf